チャップアップとBUBKAの違い

株式会社天真堂は、OEMとして育毛剤を各社に提供しています。
「チャップアップ」や「BUBKA」もその一つ。

 

ですので、この2つの商品は、名称こそ違えど、主成分はM-034をはじめ、ほぼ同じとなります。
ただし、2014年に「BUBKA」の成分がリニューアルしたので、現在は若干の違いがあります。

 

 

「チャップアップ」と「BUBKA」の違い

 

まず最初に挙げられる違いはM-034の濃度。
「BUBKA」は2014年に成分を変え、従来よりもM-034の濃度を60%増量したようです。
これにより、保湿効果が高まるため、頭皮のダメージがさらに軽減される見通しです。

 

一見すると「BUBKA」の方が優位に立っていますが、その他配合されている成分数は、
「チャップアップ」が50種、「BUBKA」が32種と、こちらは「チャップアップ」に軍配が上がります。

 

M-034を増量することによって、育毛効果もそれに正比例するかどうかはまだ不明ということも鑑みると、
一概にM-034の濃度だけでは決められないことが分かります。

 

また、口コミを見ても、「BUBUKAよりもチャップアップの方が優れている気がする」
という意見も多々ありました。

 

もしかすると、他の含有成分の効果で差がついたのかもしれませんね。

 

 

「チャップアップ」の方が長く使い続けられる理由

 

育毛剤を選別する上で、コストパフォーマンスは非常に重要な要素です。
では、「BUBKA」と「チャップアップ」の値段を比べた場合はどうでしょうか。
こちらは、明らかに「チャップアップ」の方に軍配が上がります。

 

費用対効果

値段は「チャップアップ」の方が約5000円程度安いので、予算が余りない方でも、
「BUBKA」よりも長く使い続けることができるでしょう。

 

{BUBKA」はM-034育毛剤の先駆者的存在となっているため、
「ブランド価値で値段を高くしているのでは?」との意見さえ見受けられるほどです。

 

成分にそれほどの差がないのであれば、
「チャップアップ」で効果を実感した方が、費用対効果は高いと言えますね。