チャップアップの副作用

結論から言うと、チャップアップには副作用が発生したという例は報告されていません。なぜなら、副作用が発生するような添加物や薬品は使われていないからです。

 

では、そもそもどういった育毛剤に副作用があるのでしょうか。
このページでは、他の育毛剤で発生しうる副作用についてまとめていきたいと思います。

 

ミノキシジル

育毛剤で副作用といえば、多くの人が思いつくのが「ミノキシジル」です。
ミノキシジルは本来、血管拡張剤として高血圧症の経口薬として用いられていましたが、
その副作用として育毛効果と脱毛症の回復に効果があるとされ。海外では「ロゲイン」、
日本では「リアップ」として育毛剤が販売されています。

 

安心できる育毛剤!?チャップアップの副作用について

 

しかし、ミノキシジルには副作用として「頭皮のかゆみ」と「低血圧」をはじめ、
さまざまな副作用が発生することが報告されています。チャップアップにおいては、
ミノキシジルと同等の血管拡張作用を持ち、かつ副作用のない成分である「m−034」が配合されています。

 

フィナステリド

安心できる育毛剤!?チャップアップの副作用について

 

脱毛の原因となる男性ホルモンに働きかけることで男性型脱毛症(AGA)の改善に効果がありますが、
医学的に因果関係が立証されているわけではないのですが「性欲減退」などの副作用が報告されています。

 

チャップアップにおいては同様の効果があり、副作用のない「ヒオウギエキス」「オウゴンエキス」が配合されています。
また、チャップアップのサプリメントには同様の効果がある「ノコギリヤシエキス」が配合されています。

 

添加物

香料や着色料等の添加物は、頭皮だけでなく、人体にもさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。
チャップアップにおいては、無添加無香料であるため、その心配がありません。
この点については公式サイトでも正式に謳われていますので、確認してみてください。

 

異常があれば皮膚科に

とは言え、チャップアップに限った話ではありませんが、
体質によっては合わないということは当然ですがあります。

 

そのため、副作用がないからといって油断して、髪や頭皮の状態の確認を疎かにするのは良くありません。
どのような医薬部外品であっても、使用中に異常を感じたら速やかに使用をやめて、
医師の診察を受けなければなりませんから、チャップアップでもそれは同様です。